ヤミ金相談で嫌がらせ解決は弁護士と警察でどちらが良い対応力なの?ヤミ金(闇金)への法的措置のために強い司法書士ないしは弁護人(弁護士)ってどのような人?。闇金(ヤミ金)対抗策に優秀な司法書士(しほうしょし)あるいは弁護人(弁護士)は、一点目にヤミ金会社が利用しているテレフォンを強制解除のための法的措置を取る。

または、闇金(ヤミ金)会社が犯罪利用しいている貯金口座を凍結のために法的手続きをする。

加えて、脅迫で刑事告発の法的手続きを行う。

ヤミ金相談は弁護士を通した方が警察は動く

ヤミ金への法的対策を司法書士またはロイヤー(弁護士)へ対してしても、解決にならない?。

闇金(ヤミ金)会社の脅迫や嫌がらせをストップできない?。

そのような、法曹へと相談することにより、攻撃がさらに紛糾してしまうのだろうか?。

昔日は、民事不介入を理由に、個人と個人のマネーの貸し借りにポリスが動くことがさらさら少なかったが、平成15年に「ヤミ金融対策法」というのが成立し、警視庁が捜査するようになった。